やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

船長の重い職務と義務

船長の重い職務と義務

画像は全て映画タイタニックから

タイタニック

 船長の職務は海上では孤立していることから、様々な特権を与えられている。その中でも司法権(最高裁判所や地方裁判所などの権限)、自衛権などの権限が付与されているが、それに伴う重い責任も負っていて、海難事故等を回避する絶対的な責任と義務を負う。さらに乗客や乗員の生命をあずかる立場から、高い理念を体現する船長も多かったようだ。

船長

 今日で一週間になる韓国で起きた海難事故は、まさに船長の義務を放棄した人災そのものであって、逃げ出せる時間をむだにして、助かるべき人たちを見殺しにしてしまった犯罪行為にあたる。当事国では日本の海難事故を例にあげ、乗客乗員全員避難させてから海に飛び込んだ船長を引き合いに、猛烈な乗組員非難をしている様だ。有名なタイタニックの船長は沈みゆく船と運命を共にしたが、韓国の船長はイの一番に逃げ出したと言うから、理念も何もあったものじゃなく、海の男として情けないの一言に尽きる。

運命をタイタニックと共に

コメント


認証コード3965

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional