やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

東京タワー オカンとボクと時々オトン ☆☆☆

東京タワー オカンとボクと時々オトン ☆☆☆

ムービー1

 リリー・フランキー。様々な肩書を持つがその多彩な才能の中の一つ、小説家として世に送り出した『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』。あいにく俺はこの小説を読んでいないのです。おかんに樹木希林。おかんの若い時に内田也哉子(内田裕也、樹木希林夫妻の娘。)おとんに小林薫。そして本人ボクにはオダギリジョー。何というか父の暴力に耐え切れなくなった母が、故郷である筑豊にボクを連れ戻ってからの物語。映画としては可もなく不可もなく、前半は父親のハチャメチャな生き方がメインになって、その後、女手一つでボクを育て上げる母を描くのですがが、日常をあまりに淡々と描きすぎて退屈。樹木希林とその実の娘である若い時のおかんである内田也哉子が、ストーリーの中で違和感なく樹木希林と入れ替わったのが驚きで、本当にそっくりなのだと思ったのです。

ムービー2

コメント


認証コード5312

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional