やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

深まる秋、これからは

深まる秋、これからは

Casita

 今日から11月に入りました。まぎれもなく大人のシーズン到来なので、それに相応しい画像のお披露目です。この車は生活するのに十分な設備が整っています。二口のガスコンロ、シンク、ガスFF暖房、貯湯タイプの湯沸かし器、等々。その中でこれから活躍するFF暖房は、大陸的と言うか大雑把と言うのかさすがアメリカ製で、きめ細やかな温度調整が出来ません。サーモスタットは付いていて温度設定はできるのですが、設定温度付近でONとOFFを繰り返すだけなのです。強・中・弱と言った優しい機能はないのですよ。

 横道にそれますがこの車は密閉性が高いので、室内でのガスの使用は注意を要します。天井についているファン(正転反転が出来る)を回し、なお且つコンロの上の換気扇を回さないと、あっという間に一酸化炭素中毒になってしまいます。そのため12vで働くガス検知器と一酸化炭素検知器は装備されているのですが・・・。屋根に煙突がついて煙が出ていますが、おそらく薪ストーブでしょうね。車体そのものがFRP火構造なので、直火には気を付けないといけないのですが、どこかとてもほのぼのとさせてくれる絵ですよね。

 薪ストーブが置いてあろう場所は本来ロッカーのはずで、そこの天井には換気弁があるので、煙突はその穴を利用したと思われます。どちらにしても煙突と屋根は完璧に断熱しないと、相手はFRPなのでまずいでしょうね。アイデアを取り入れたい物の一つです。

コメント


認証コード7614

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional