やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

児童相談所の存在意義

児童相談所の存在意義

栗原心愛さん

 また起きてしまった腹立たしい事。幼い子供は自らを守るためや、自分に関心を持ってもらいたい時には、悲しい嘘をつくことを周囲は学ばなければならない。自分に降りかかる辛い事には口をつぐみ、それが辛ければ辛い程心の内を見せる事は無くなる。幼いながらも言っても無駄だと悟るからだ。その意味で学校では打ち明けたのだから、まだあきらめた訳ではなくて、先生には助けを求めていたのだと確信する。本当に自分の周りに味方がいないと悟った時は、誰にも言わず心の中に押し込めて表に出さないものだから。

 千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛さんが、父親による虐待で死亡した事件で、お父さんに叩かれたのはウソだという事を、心愛さんは父親に言われて手紙に書かされていたという。児童相談所は手紙を見た後、心愛さんに確認する事も無くの保護を解除したというが、この時点で一番身近にいるのが叩いた親だ。その父親から本人を隔離して、真実を聞き出すのが児相の仕事だよ。子供を死なせちゃ児相の意味がない。それにしても父親としては可愛い盛りの娘ではないか。どこから虐待して死なすほどの憎しみが湧くのだろう。

コメント


認証コード0508

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional