やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

吸い込まれ損なった光からブラックホールが

吸い込まれ損なった光からブラックホールが

合同チーム公開画像

 アインシュタインの相対性理論から、存在すると言われていたブラックホールの画像が公開された。M87銀河のブラックホールの画像だが、光さえも吸い込んでしまう対象を、直接写真に撮れる訳が無く、吸い込まれる時に物質が高温になってひかり、その難を逃れた光が地球に届き、結果見えたのがブラックホールの輪郭と言う俺の理解だ。天文学者ばかりではなく、200人からなる世界の様々な分野の人たちが参加して、ジグソーパズルの一つ一つのピースを埋めた結果が上の画像。それと言うのも細切れのデーターの欠落している部分を、どう埋めていくのかが参加チームの知恵の出しどころだったようだ。日本のチームも参加していたようだが、アメリカチームの様な解析画像の提供が無かったようで残念。そのアメリカチームの提供画像が下で、合同発表された上の画像と似ている。

アメリカチーム

 下の動画は銀河の中心部を20年にわたって観察した画像を繋いだものだ。星の動きが見えない何かに制御されているように、ある部分に来ると急にターンをしている。間接的にブラックホールの存在を示している動画で、こういうのにとてもわくわくする俺がいる。

コメント


認証コード7742

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional