やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

丸1ヶ月が経過しても

丸1ヶ月が経過しても

傷跡

 頸椎手術をしてから今日で丸一カ月になり、今これを書いている時間は手術室から病室に戻ってきた頃だろうか。術後直ぐの事は多くを書いたので省くとして、一カ月たった今の状況は知覚神経障害が残っているようだ。冷たい水に肘から下を絶えずつけている感覚と、温かいものが入ったカップ等を、必要以上に熱く感じる事や、実際は温まっているのに、風呂に入っても肘から下がいつまでも温まらない感覚など。これは前にも書いた事だが、手術に踏み切った最大の理由は、胸のビリビリ感(特に心臓に対して)と、両手の知覚異常だった。胸のビリビリ感は術後直ぐには動けなかったこともあって、改善したと実感できたのは一週間を経過したころだが、手の感覚異常は今も続いている。手術痕の痛みは横になると和らぎ、起き上がると間もなく痛みが走り、テープが取れても首回りは赤いままだ。横になると楽だと言っても一日中横になっている訳にもいかず、さて困った。

コメント


認証コード1279

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional