やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

ザ・コーヴ

ザ・コーヴ

作り手が馬鹿を言ってはおしまいだ

 和歌山県のイルカ漁を描いた、ザ・コーヴ(The Cove)。2009年に公開されたルイ・シホヨス監督がそれを批判的に描いたアメリカ合衆国の映画である。コーヴ(cove)とは入り江の意味だが、その入り江にイルカを追い込んで捕まえる様を描いているらしいが、残虐だの、イルカを食べるとは、何と言う野蛮人とか言われた映画でもある。今この映画は多方面からの抗議、圧力があって、日本での公開は中止を余儀なくされているはずだが、私等は見たいと思う人がいれば、見れば良いというスタンスだ。権力で中止とか圧力があったから自粛等と言うのは私は好かん。

 私は別の意味でこの映画は見る気がしない。監督がインタビューに答えていたのだが、頭の構造を疑う内容で見てみようと思えなかった。食文化の違いに、(たとえ食文化であっても悪いものは消えなくては)と言う。いったい誰が事の良し悪しを決めるのだ。自分達だって牛や豚を殺すだろうに。(牛かイルカと言う問題ではない、イルカは高い知能を持つ生き物。)だと言う。おいおい待ってくれよ、逆に言うと知能が低ければ殺して良いのかよ。(イルカの目は可愛い)とも言う。牛だって豚だって可愛い目をしているぞ。あんたらには食い物にしか見えないからそう見えないだけだ。

 少し前まではあなた方だって鯨を獲っていただろう。それも単にオイルを採るだけの為に。代用品が出来た途端、口を拭って他人にも獲っちゃ駄目だって?。日本は一頭丸ごと全て利用する食文化だよ。異文化も認める気持ちがないと、反発を食らうだけだよ。食文化は世界共通のものではないのだから、あまり身勝手を言わないようにしないと、これに関連する話題を次回に。

コメント


認証コード3369

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional