やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

試行錯誤の連続でした

試行錯誤の連続でした

オーバール前の CA-2000

 発売以来40年以上経っているCA-2000は、オーディオからAVに移行した時から電源を入れる事が無くなって、押し入れの肥やしになって朽ち果てる寸前でした。最初にこのアンプで鳴らしたのはFOSTEX製UP203Super、口径20cmのフルレンジでした。自分でエンクロージャー(箱)を作る道具もスペースも無かったので、出来合いを買ってきて近所の職人にφ213mmの穴を開けてもらい、ユニットを組み込んだのです。箱が小さくユニットとマッチングせず、当時、バスレフにする知識も無かったので(ユニットに比べ箱が小さい場合、バスレフ型にすると低音を補強出来る。)低音不足の情けない音だったのです。

念のためカバーを開けて中の確認

コメント


認証コード0810

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional