やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

ジョーカー ☆☆☆

ジョーカー ☆☆☆

タイトル

 精神を病み定期的にカウンセリングを受けながら、年老いた母と荒んだゴッサムシティーで暮らすアーサー・フレックは、アルバイトで大道芸人の仕事に励んでいた。母親ペニーの「どんな時でも笑顔で」という言葉を胸に、一流のコメディアンになって人々を笑わせ、注目を浴びたいという夢を追っていた。ある日、同僚からピストルを預かり、保育園で芸を披露しているさ中、子供たちの目の前にピストルを落としクビになってしまう。

ピエロ

 緊張すると発作的に笑い出してしまう病気をもつアーサー。仕事を失い帰宅途中の地下鉄で、一人の女性に絡む3人の男と同じ車両にいた。突然笑いだすアーサーに男たちは、自分たちが笑われたのだと思い込み、殴るけるの暴力を振るい始めるが、二人を電車内で射殺、一人を執拗にホームの階段まで追いつめて、全弾撃ち尽くして殺してしまう。

アーサー・フレック

 アーサーは日々思いついたネタをノートへ書いていた。自らがSNSにアップした映像を大物芸人、マレー・フランクリンが見ていて、マレーは自分のトークショーに出演させる事にするが、精神の緊張が切れたアーサーは、スタジオにピストルを持ち込んでいた。

地下鉄で

コメント


認証コード7012

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional