やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

味は無し醤油も無しで

味は無し醤油も無しで

 退院して一カ月を過ぎたのに、今更ながら病院食の話題だがしばらくのお付き合いを。

飯が多い

 病状は違うが今回の入院で三度目だ。前二回も食事制限は無かったように思う。制限もその病状に合わせるはずで皆一様ではない。俺の今回も制限なしのはずだが、どこか制限されているように感じる食事だ。例えばサケは思い切り塩気が無い上に、油まで丁寧に抜いてあって味が無い。肝心なのは全体的に飯とおかずのバランスが悪く、写真ではわかり難いがご飯がやたらと多く、その量にしてこのおかずかと思う。看護師もそこは認めていて、瓶詰や缶詰を持ち込んでも良いですよと言う。何といってもここは整形外科病棟だ。

アサリの佃煮と野菜の煮物

 写真も順不同で文章と合致していないが、大体の飯の様子はこんなものだ。

持ち込んだ海苔の佃煮と共に

 途中からあまりにご飯が多いので食べきれず、パンに切り替えてもらった。

痛くて飯どころではなかった

 上の4枚の写真は手術待機中の飯で、Dルームと称する食堂で食べていた。下は手術後なので痛みでDルームまで行けない上、起き上がっていられる時間が短くベッドの上での食事だった。下の写真はカレーライスだけれど、肉だらけの上甘く手つかずのままだった。

カレーは辛くなくちゃ

 食べてはだめなものが無い病棟だから、俺は海苔の佃煮を持ち込んだが、それでもご飯が食べきれず大量に残す事暫しだ。ご飯はいらないから全部パンにしてもらおっと。

混ぜご飯と共に

 目先の変わったご飯も出てくるのだが、基本的に超薄味で塩気のあるものを食いたい。

食いかけはカレーパン

 どこからか辛口のカレーパンをカミさんが買ってきた。カレーはこれでなくちゃ。

メカジキの甘辛ソースかけ

 朝と昼をパン食にしてもらったが、おかずはマグロのフレーク。おそらく缶詰だな。

副食に合わないものも

 肉禁になると調理する方もメニューを考えるのが、おそらく面倒だと思う。

ロールパン

 マグロフレークの味付けは和風。缶詰そのままでロールパンに合わせて喰らう。

ロールパン1個と2個の違い

コメント


認証コード1332

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional