やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

パーコレーター

トリコロールカラー




Percolator

 荒めに挽いたコーヒー粉を、ポットの中のバスケットに入れ、直火にかけ煮立てます。沸騰したお湯が蓋のガラスドームに吹き上がり、コーヒー色が付いたところを見計らって、火からおろします。

 フィルターを使わないで煮出すので、味そのものの好き嫌いと、コーヒー粉か沢山沈殿しますので、飲む時にざらついて好みの分かれるところです。容器そのものは単純構造ですから、壊れにくく扱いやすいので、アウトドアなどでは重宝します。

 その当時の物とは当然違いますが、ボナンザ、幌馬車隊、ララミ一牧場等、西部劇の世界でよく見かけた器具です。特にローハイドでは、重ねたダッヂオープンと共に、頻繁に登場していました。
                   
画像の説明

 トップへ戻る 先頭へ戻る 直前に戻る

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional