やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

ルパン三世生みの親モンキーパンチ氏が逝く

ルパン三世生みの親モンキーパンチ氏が逝く

シアタールーム

 千葉県佐倉市在住のモンキーパンチこと加藤一彦さんが亡くなった。俺が知る作品は失礼ながらルパン三世だけだが、AV(オーディオビジュアル)ファンの間でもよく知られた人だった。その機器の数々はすさまじいこだわりを持っていて、度々専門誌に登場するのだが取材を重ねる度に、超高額な機器が入れ替わっているのだ。現在ホームシアターを目指す場合、5.1チャンネル、もしくは6.1チャンネルが主流だと思われるが、この方は.1が無く4チャンネルなのだ。最初の数字の5とか6はスピーカーの数をいい、.1は重低音スピーカーを表しているのだが、重低音用を用意しなくともよい高性能スピーカーなのだ。

3世

 写真に写っているスピーカー4本だけで1300万円ほど。他の機器を加えたら超豪邸が建つ金額だ。通常、後ろは効果音なので、スピーカのランクを落とすのが普通だが、前も後ろも同じスピーカーを使っているのだ。人間の耳は低音に対しての方向性が弱く、360度どの方向からの低音なのか判別しにくい。そのためサラウンドスピーカーの低音は軽視されやすく、重低音スピーカー一個で(5個分もしくは6個分)補ってしまうのだ。全くの趣味の世界にこだわりを持つ姿勢は素晴らしかった。モンキーパンチ氏のご冥福を祈ります。

モンキー

画像をクリックすると拡大します。モンキーパンチ氏の隣はAV評論家、潮晴男氏

コメント


認証コード9593

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional