やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

Leon ☆☆☆

Leon ☆☆☆

この映画は以前紹介したグロリアの焼き直しではあるが、全く同じ設定にしていないので、見始めの時には気づき難く、全く別物のように感じてしまう作品だ。主役が男(ジャン・レノ)に変わり子役が女の子(ナタリー・ポートマン)になり、麻薬取締局の捜査官が、不正を働くと言う具合に大幅に設定変更をしてある。ニューヨークに暮らすイタリア移民のレオンは、闇組織からの仕事を請け負う殺し屋で、請け負った仕事は完ぺきにこなし、信頼は厚いが思う事を事を上手に伝えられないでいる。

タイトルバック

 同じアパートに住むマチルダは、母親も違い姉とも血が繋がらず、父親からも暴力を受ける事で鬱屈した生活を送っていた。ある日、隣の部屋に住むレオンの買い物を、自分から進んで引き受けるが、その間父親は麻薬取締局の麻薬をくすねたと捜索を受け、父親の発砲を引き金に一家皆殺しになっていた。買い物から戻り自分の玄関の前を通り、素知らぬ顔で隣室のレオンに助けを求めるのだが、危険を感じ取ったレオンは躊躇しつつも、用心深く部屋に入れてくれるのだ。

13歳位か

 昨日紹介したモンタナの風に抱かれてに出演していたスカーレット・ヨハンソンと共演したブーリン家の姉妹。共に同じような年頃の時の作品だが、全く違う性格の映画でのスタートだった。今やどちらもトップスターになっているが、3.11の時にはナタリー・ポートマンは、自分自身は恵まれているからと、大きな支援金を贈っている。

コメント


認証コード9585

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.6.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional