やんちゃ親父の独り言。更新の間隔を適当に空けて、勝手気ままな事を書いているコーヒー好きのブログです。よかったらお付き合いください。

高値推移のコーヒー生豆

高値推移のコーヒー生豆

日本生まれのコーヒー

 私はコーヒー生豆は高値で推移して、このままの状態で高止まってしまうと思っている。コーヒー生豆の生産農家は安値のコーヒー生豆に見切りを付けて、別の作物に転換してきているからだが、そればかりではなく、発展途上といわれる国々の需要が、大幅に伸びてきているのも一因だと考える。特に中国のコーヒー生豆の輸入量は近年特に増えていると聞くが、この国は雲南コーヒーと言うブランドを持つ国でもある。生産地域は中国南西部雲南省と海南島で、栽培が始まってからの歴史は新しいが、やり様ではこれから知名度を上げていくブランドになるだろう。

 ご存じない方もいらっしゃると思うが、日本でもコーヒー栽培は古くから行われていて、沖縄には名護コーヒーと言うブランドもあり、知名度を上げてきている。日本は明治時代にコーヒーの栽培を始めているが、産業として大きく育っていない中、先の沖縄のコーヒー、東京都小笠原村のコーヒーは、現地に行った人しか味わえない幻のコーヒーだと言う。地球温暖化が進みコーヒーベルトも南北に伸びると、日本でも栽培できる地域が増えていく事だろう。

コメント


認証コード5278

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional